運送業界における、AMAZONについて、 運送業に関わる者として以下の

運送業界における、AMAZONについて、 運送業に関わる者として以下のように思うのですが、 みなさんの意見を聞かせてください。 AMAZONが自社配送やりだすので ヤマトや佐川などの宅配運送会社は倒産するなどというひとがいますが、 何もAMAZONだけの仕事をやっているわけでもないし、ごく一部の売上高でしかないと思います。 そもそもAMAZONのせいで苦労(増員はできないが一人ではまかなえない、など)している地区もあるようです。 AMAZONの荷物だけの配送で全車満車になるわけはないし、他の荷物との積み合わせだからこそ今の運賃で運べているわけです。 AMAZONAMAZONの荷物だけでやっても都市部ならまだしも、過疎地は運送会社に依存するしかないでしょう。 仮にAMAZONが、営業をかけまくったところで、 すべての仕事を取れるわ

けではないし、 各運送会社の悩みの種である、再配達(AMAZONがするかどうかはわかりませんが)や、長時間労働がネックになり、結局、運送会社に委託したほうが得することになるのではないでしょうか? AMAZONが配送したほうが得をする、という理論でいうなら、トヨタなどの大企業は下請けを使わずにすべて内製でやったほうが良いことになるのですが、 会社というものができて数百年、そのようなことをする会社はありませんよね。 無人運転でやるんだ、といっても技術的に不可能ですし、宅配なら玄関にいかなければなりません。 AMAZON開発のuberのようなアプリがでるそうですが、白トラもしくは、水屋を通さずに直接委託しているだけにすぎませんよね。 白トラは法的にに大きな問題(安全性や運送会社のみにかけまくってい

る規制の不公平さ)があります。 みなさんはどう思われますか?

もう少し論点と質問点を整理して欲しいが。。。まぁアマゾンやアップルなどのいわばアメリカ発のグローバル企業のロジックは概ね同じですよね。それをそれぞれのエリアや国の文化に基づく商習慣などのローカル性を無視して自分達のロジックを押し付けるものだから、世界各国できしみが生じる。疎外されていると感じる人々が増えてくる。けど、今に始まった問題でもあるまい。そして問題の本質は、結局ある意味では我々は彼らと共存せざるを得ない訳だから、そんな彼らのやり方に対し我々がどの様なやり方を提示出来るのか、という事かも知れません。アメリカにはアメリカのそのやり方に関する歴史的経緯と必然性はあり、ある意味彼らは彼らのやり方しか分からないのだから。つまりアメリカングローバリズムと言って��

�それはアメリカンローカルとも言える訳で。

ソープ予約キャンセルについて。 自己都合により、予約時間の15分ぐらい前にキャンセルしました。 予約した時は急にだった為、一時間前の確認の電話はありませんでした。 キャンセルしたときに、お店の人に、キャンセルした場合、今後他の人を予約する場合も他のお客さんが優先されます! みたいな事を言われました。 予約はできるみたいです。 ということは、人気な嬢は確実に予約できないですよね? 他の人も予約しようとするから。 よろしくお願いします。

店によって、あるいは今までの客としての信頼性によって 様々です。 1回目は単なる警告で、実害がない場合もあるし、 実際に競合して後回しにされる場合もあり得ます。 ただ、今の不況の時代、人気嬢でも1日のすべての枠が受け付け開始時に 完売してしまうケースは多くはないので、 第二希望位には予約できるのではないでしょうか。